TOPページ   プライバシーポリシー  Q&A
住宅かし保険
  

大切なマイホームを欠陥から守る制度、10月1日からスターします。

平成21年10月1日より「住宅かし担保履行法」がスタート。この日以降に引き渡される
新住宅には【保険】か【供託】が義務づけられます。
万が一、事業者が倒産した場合でも、補修費の支払いが受けられます。 

住宅事業者が倒産してしまったら!
 平成17年、構造計算書偽造問題が起こりました。この事件では建替えを含む大規模な補修工事が必要となり、マンション購入者は多額の費用負担を抱えることになりました。この事件を教訓に購入した新築住宅の瑕疵(欠陥)に対して、事業者が倒産した場合でも補償金が受け取ることが出来る新たな法律(住宅瑕疵担保履行法)が制定されました。



住宅事業者が倒産しても保証される!

 平成21年の10月1日以降に引き渡しを受ける新築住宅は、保険又は供託が義務付けられます。どちらの制度も、住宅に欠陥が生じた場合に、事業者が倒産していたとしても、補償金を受け取ることが出来るようになります。対象となるのは、新築住宅です。




一万円で受けられる専門家による紛争処理!

保険が付された住宅は、専門の紛争処理制度が利用出来ます。全国各地に設置された「住宅紛争審査会」で、専門の弁護士や建築士によって紛争処理を受けられます。また、住宅紛争支援センターの電話相談や弁護士の専門家との面接相談(要予約)をご利用出来ます。





IKARI-KENSETSU.CO.LTD ALL RIGHTS RESERVED